Menu

地域の治安を良くしたい

女性

空き巣や車上荒らしなどの被害が増えているので、高性能で高画質な防犯カメラを設置したい人が増えています。専門業者では暗闇でもきれいに撮影ができる商品を取り扱っています。豊富な在庫が揃っているので、安心して買い物ができます。

詳しく見る

設置場所を考える

防犯カメラ

複数の機能を活用する

安心して暮らしていくためには、防犯対策を整えておいた方がいいでしょう。防犯対策にもいろんな方法があり、ホームセキュリティを導入する家庭もありました。また、一番多いのは防犯カメラの設置ではないでしょうか。以前の防犯カメラはアナログの仕様で、定期的にビデオテープを取り換える手間など、長時間録画の難しさがありました。現在、防犯カメラはデジタル化され、インターネットを通じてさまざまな場所から操作が可能になっています。パソコンやスマートフォンがあれば遠隔地であっても映像を確認することができるため、商業施設や駐車場だけでなく、多店舗経営の一元管理ができたり、自宅にいるペットの監視など、さまざまな用途で防犯カメラが利用されています。最近では車にドライブレコーダーを設置する人も多く、日頃から防犯に関いて意識の高さがうかがえます。防犯カメラの工事を依頼する時に気を付けなければならないことに設置場所があります。防犯カメラは死角があると、その効力が低下してしまいます。どの場所に設置すると幅広い視野で画像を捉える事ができるか、工事業者とよく相談しながら決めましょう。また、防犯カメラの機能を設置する場所の状況に合わせて選定する必要があります。夜間の監視が必要な場合には、赤外線照射機能の付いた防犯カメラの工事が必要です。人が周辺を通るとセンサーと連動して動作する仕組みになっています。監視時間が長時間になる場合には、映像保存用ハードディスクと接続することで監視能力が向上します。また、設置工事をする場所ではどうしても死角が出てしまう場合には、首振り機能の付いた防犯カメラを選ぶことで解決してくれます。設置場所と機能を考慮して、効率の良い監視をしていきましょう。

防犯性能を高める

カメラ映像

防犯カメラを設置する事で侵入やその他の犯罪の被害にあった時に証拠として映像を残す事ができます。またカメラがある事で抑止力にもなります。防犯カメラを導入する時は工事が必要になるので、複数の業者を比較して業者を選ぶと良いです。

詳しく見る

カメラを活用したい時

防犯カメラ

防犯カメラは購入するだけでなく業者経由でレンタルすることも可能です。後者であれば設置工事も一括して請け負ってもらえます。電話やメールフォームで連絡を入れた後、現地調査に来てもらいましょう。個人的に防犯カメラを購入して屋外に置く場合は、雨風に強い機材を購入しましょう。

詳しく見る

費用は業者で違う

防犯カメラ

防犯カメラの設置工事は一台いくらというように、業者では決められています。7万円から10万円が相場です。当然、数台設置するのならさらにかかりますが、業者によっては割引してくれることもあるので、よく確認してみましょう。

詳しく見る

防犯用の撮影カメラなら

カメラ設置

防犯カメラはとても効果の高いセキュリティグッズですが、購入する場合は選定と設置が難しい製品です。そのため、専門店を利用して、防犯の知識を持つスタッフに選定と設置の両方を任せてしまったほうが安心でしょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 防犯カメラの工事で注意すべきこと【設置する場所は?】 All Rights Reserved.